さらにちょっとした帽子の雑学

こんにちはどら猫帽子店の岸田です。

毎度お馴染みの岸田です。
暑い夕方皆さん体調崩されてませんか?

私は…言わなくてもわかりますね(^_^;)

今日は前回に引き続いてちょっとした雑学を書こうかと
思います。

知ってる方もいらっしゃるかもしれませんが
パイロットの方が帽子をかぶる理由です。

パイロットの人が空港や関連施設を歩いているときはいつも帽子をかぶっていることは、航空ファンなら誰でも知っている事実です。
しかし、実は機長も副操縦士も、飛行機に乗っているときは帽子をかぶっていません。

正直飾りですか?とも思ってしまう感覚です。
操縦の時かぶらないんですもん。

パイロットが空港で帽子をかぶりながら歩くのは、離陸前に行うある業務のためです。
実はパイロットは、離陸前に飛行機の周りを歩いて安全検査をしなくてはいけないというルールが存在しているのです。
そのときに、機体からもれた液体が顔にかかってしまったら、皮膚に炎症を引き起こすことがあるのです。
しかし、帽子をかぶっていればつばでそれを防ぐことが可能になります。

また、もしも飛行機の周りを歩いていて機体に体を衝突させてしまったときも、帽子があれば衝撃を和らげることが
出来るのかな。

まぁあるとないとでは少なからず違うんでしょう!!

そんな感じで今日はここまでにします
暑いですがエアコンつけたまま寝るのはやめましょう

ここまでのお付き合いありがとうございました!!