今季流行りのビーニー?

こんにちは、どら猫帽子店の村上です。

_DSC0002

今週は、ニット帽を公開しようかと画策中なのですが、
最近はよくニット帽を浅くかぶる方を街で見かけます。

最近は、そんなニット帽の事をビーニーと呼ぶそうですよ。

ちなみに、ビーニーという単語の元は、イスラムの方がかぶる薄手の折り返しのないニット帽を指す言葉です。
イスラムキャップとも呼ばれるそうですね。
要するに、ニット帽の1種類という事ですね!
しかしながら、ビーニーと呼ばれる商品は折り返しがあったり厚手だったり……、
その辺りは特に厳密ではないようですね。
確かに、重要なのは名前より形ですね。名前にこだわるより自分に似合う、自分の好きな帽子が一番です。

さて、ここからは余談ですが、ワッチとニット帽についても。
ワッチ、ワッチキャップというのは、どうやら防寒のためにかぶっていたもののようで、
折り返しがある厚手のもの、ニット帽として比較的一般的な物が正にそうなのではないかな、という感じです。
じゃあ、ニット帽は、と言えば、毛糸のような一本の糸で編み上げる帽子のことを指します。
うーん、つまり、ニット帽=編んで作った物全般。別に形が何であろうとニットはニットということですか。
ワッチもビーニーも、ニット帽の中の一種類。
でも、日本のファッション業界では結構定義が曖昧みたいです。
うちでも、厳密に言えば違うものって結構あります。

個人的な感覚では、ニット帽と言うと防寒の印象が強いです。
ワッチやビーニーと呼ぶと、お洒落な雰囲気が。
そういう側面もあるのでしょうかねぇ……。

では、本日はこれにて。
お付き合いありがとうございました。