帽子と、頭痛?

こんにちは、どら猫帽子店の村上です。

私の知り合いや友人に帽子屋勤務という事を伝えると様々な返事が返ってきますが、
帽子に対する悩みのようなものも結構聞こえてくるものです。。
「あー、俺全然帽子似合わないんだよね……」
→帽子が似合わない人がいるのではなくて、その人に似合わない帽子があるだけですよ。似合うものを探しましょう! 後は、かぶりなれないから自分の中で違和感があったりしますので、なれることから始めてみては?
「かぶんないなぁ……、別にかぶらなくても出かけられるし」
→オシャレの他にも紫外線対策や、直射日光が当たる時は涼しく保ってくれたり、……髪をセットしないでもかぶるだけですぐに出かけられるという実用性も……。
元々中世では汚れから頭を守るためのものですしね。
「中折れとかってやっぱりメンズ?」
→レディースの中折れもありますし、ファッションに合うならどんなキャップでもハンチングでも全然OKですよ!

と、こんな感じですが、その中の一つ。

「帽子をかぶると頭痛がするんだよね」

という方が。
多分ですが、頭が圧迫されて頭痛を引き起こしているのだと思います。
サイズの合った、もしくはちょっと緩めの帽子をかぶるといいんじゃないかと思いますが、
いまいちメカニズムがわかりませんね……。

ということで少し調べて参りました。

頭痛と帽子の関係性。

まず、調べた限りだと頭痛の原因も様々。
私が調べていくうちで分類したのは以下の通り。

1,風邪などの疾病型の頭痛。
風邪などのメインの疾病があるうえで、その症状の一つとしての頭痛です。
二日酔いとかもそうですが、本元が治れば頭痛も治るタイプです。
寝ましょう。

2,血流やら筋肉やら、どちらかというと内科より外科よりな原因による頭痛。
こちらは後で詳しく解説します。

3,負傷による頭痛。
頭部で内出血などの即座に治療が必要なタイプです。

4,原因不明の頭痛。
理由が判然としないものもあるみたいですね。

さて、この中で帽子に関わってくるのは2番です。

2番もいくらか分かれ、メジャーなのは緊張性頭痛と片頭痛みたいです。
で、帽子をかぶると頭が痛い、というのは緊張性頭痛のようです。

緊張性頭痛は、筋肉的な問題、ぶっちゃけてしまうと肩こりが主な原因。
普段大丈夫でも、肩こり+寒さによる強張りで頭痛を起こす場合も。
抑え込み、圧迫が原因になる、つまり、帽子をかぶると頭が痛くなるというのはこういう理由です。
で、対処としても、やはりサイズの合ったものの使用、個人差によっては緩めにかぶると良いようです。

と、いうところで今回の話は解決したのですが、
片頭痛についてもちょっとだけ。
片頭痛は、ストレスなどにより、血管が急激に広がることによって頭痛につながるらしいのですが、
こちらは帽子をかぶると広がった血管が抑えられ、痛みが軽減することもあるとか。
根本治療にまったくならないのでただの豆知識ですが、同じ頭痛なのに、逆の効果が現れることもある、と。
勉強になりました。

それでは本日はこれにて。

お付き合いありがとうございます。