掃除、洗濯、鮭ハラス

こんにちは、どら猫帽子店の三浦です!

昨日は子供の学校の家庭訪問でした。
そうなると、気にならないような所まで気なり始め、前夜から子どもたちにも手伝わせつつの大掃除となりました。
おかげさまで家中ピカピカ☆スッキリ☆「いつもこうならいいのに・・・」と普段サボっていることはひとまず棚に上げておいて、ひとりボヤく私です^^;

最近は家事を手伝ってくれるダンナ様も多くなったようですが、昔はお母さんが全部一人でやっていたんですよね~!かなりの重労働だと思います。しかも今みたいな家電も便利グッズもないんだから。

子どもが1日に何回も着替え、洗濯物に出しているから注意すると「洗濯機が洗濯するから、お母さんは疲れないでしょ」と真顔で言われてしまいました(ーー;) そりゃそうだけど・・・

食事もそうです。こちらに越してきたばかりの頃の話。用意する手間ひまなど考えるわけもなく、ありがたみを感じているように見えない。な・の・で!思いっきり手を抜こうと思って鮭の切り身を焼いて出してみました。それだけです。他には何も作らず。ご飯と鮭。そうしたら、出した鮭が失敗だった~。
北海道では当たり前に売られている“ハラス”の切り身だったんです。何が失敗かって、子どもたち初めて食べたんですよ!鮭のハラス(切り身)というものを。私も初めて見つけて物珍しさで購入していたんですけど、すごく美味しいものだったんですね。d06
こういうハラス、見たことなかったんです!
薄くて長くて脂だらけのハラスなら知ってるんですけどね~。

そういうわけで、私の作戦は見事に失敗。手を抜いて、料理を作ってもらう有難味を覚えるどころか、簡単で美味しいものが世の中にはあるものだ、と教えるだけになってしまいました。ちゃんちゃん(>_<) お付き合いありがとうございました。