氷割りに続き、今度は……。

こんにちは、どら猫帽子店の村上です!

本日はとてもさわやかなお天気となりました。
空気は少しひんやりしていますが、日差しで暖かく、とても過ごしやすいです。

さて、それはさておき、先日氷割りが完了したのですが、
今度は別の問題が浮上してまいりました。

それは……。

_DSC0074

鳩! ……ではないです違います。
いや、うちの店長は鳩が苦手なのである意味問題かもしれませんが、それはさておいてですね。

砂なんです。

_DSC0080

雪国お馴染みの滑り止めです。
完全に凍ってしまった路面等にこれを巻くとあら不思議、滑りません。
要するに砂なんですが、思った以上に効きますよ。靴底にではなく、あらかじめ地面に付けておくスパイクと言いましょうか。
氷の上を歩いていてもがりっと止まれます。ちなみに、塩が含まれているため、氷に定着しやすいらしいです。
旭川には歩いていると、ポストみたいな箱に、この砂が入ってます。
我々の生活に根付いた、そういう砂、なのですが。

春になると自己主張が激しいんですねぇ……。
特に今年は、溶けて凍って砂を撒いて、溶けて砂が沈んでその上が凍って砂を撒いて、
というように埋まる、撒くを繰り返したため砂が多めです。

これは、掃除するしかありません。

_DSC0077

そこはかとなくお手製っぽい竹ぼうきの出番です。
掃いて集めて塵取りで回収、強風が吹かないか内心ドキドキ。
と、いうように始まった掃き掃除でしたが……。

_DSC0078

鳩です。鳩なんです。
距離が近いです。すぐ隣まで歩いてきます。
作業中でーす、お下がりくださーい。
危険ですので砂は食べないでくださーい!
……まあ、聞いてくれませんよね!

いいでしょう、そこまでしてここにいたいならこちらにも考えがあります。
名前を付けて可愛がってやりましょう!
という事で、あなたはダンゲル、もう一羽がヨシオです。

そういえば鳥って砂を食べて消化に活用するんでしたっけ?
じゃあ丁度いいですね。どんどん食べて手伝ってください。
では、楽しく一人と二羽で掃除しましょう。

と、いう所で。

_DSC0088

ダンゲルとヨシオは連れだってどこかに行ってしまいました。

気まぐれなのは、猫だけじゃないんだなぁ……。

それでは、本日はこれにて。

お付き合いありがとうございました。