白樺のショールーム(裏話)

こんにちは!

いつもブログに登場するときは、
お尻を向けて土いじりをしていることが多い岡田です。

すでにお知らせの通り、
先月24日アトリエ1階の空きスペースにショールームがオープンしました。

場所は旭川駅のすぐそばでホテルも多く、
ご来店のお客様の中にはご旅行中の方々も目立ちます。

今回のショールーム設営にあたっては、
猫からはお金をかけないよう(え?)お達しがあり、
とりあえず什器はサッポロファクトリー時代のもので賄いましたが、
“主役”となったのは「白樺」でした。

旭川市の森林組合さんには、
エゾシカ革の商品展開を始めた当時、
ディスプレイに使用するため白樺を分けて欲しいと
唐突な相談をさせていただいたところ、
担当者の方が快く引き受けて下さったのですが、
今回また大変お世話になりました。

とある保管場所まで、
2tトラックをレンタルして白樺をいただきに伺ったのは10月初旬。
shirakaba

次は事前にその保管場所の確認に伺ったときの一枚。
しいたけを原木栽培しているミズナラの丸太が並んでいます。
mizunara

もぎたて生しいたけをいただきテンション上がる岡田。
は写っていませんが、親切な担当者さんです。
shiitake

もぎたては香りが違います。
早速当日の夜ご飯になりました。
と、このブログで独り占めしたことがバレてしまう汗

いただいた白樺は、
乾燥させようとショールームの床に横たわらせてあったのですが、
しばらくの間出入りの取引先の方々に「白樺?」と訝しがられました。

アトリエが現在の場所に越した当初より、
ずっと皆の頭の片隅にあったことがようやくかたちになりホッとしています。
一番見えなかった「白樺をどう立てるのか?」の問題は、
ネット男子2名がなんともあっさりクリアしてくれました。
(←ショールーム設営中!)

アトリエスタッフは、これまで機会がなかったお客様とのお喋りや、
互いにお気に入りをかぶっての写真撮影など、
おもてなしを忘れ…お客様から楽しい時間をいただいてます。

帽子だけでなく、全体が手づくり感満載のショールームです。
フェイスブックのカバー写真もショールームバージョンになりました。
みなさまぜひぜひお立ち寄りください。
お待ちしております。

facebook-atelier