驚きの連続!

こんにちは、どら猫帽子店の三浦です!

今日は新作などなどご案内するメールやら何やら、色々作っていたんですが・・・すごいです! 数が! 
しかも種類やデザインも様々で、これって誰が考えるんでしょう?

時にスタッフ企画なんてこともあるようですが、みんなすごいな~(゜o゜)

さっき創作書道の話を村上さんとしていたのですが・・・あ!ちゃんと手は動いていましたから! カタカタカタカタカタカタ・・・

さて、あの堂々とした大胆な書は『字』を書くというよりも『文字』を描くといったイメージでしょうか? それってセンスだと思いませんか?

私もそうですが「この字はこういう形」とか「ここは跳ねる」「ここは止め」「ここは払い」などと考えながらかっこよく『創作書道』の作品を作ろうと思うと、出来上がるのは「ただの下手な字」(←村上さんの言葉借りました^^;)

あの雰囲気は理屈で考えながら書けるものではないんですよね。

帽子を含む様々な“デザイン”は、インスピレーションだったり感覚的なものです。

かなり頭の固くなってきている私としては、苦手な分野かも・・・なので、誰かが考えてた素敵なものをみてひたすら感動するんですが^^;

帽子も「頭にかぶって陽をさえぎる」だけの感覚でいた私なので、日々帽子を見てはひたすら感動するのでした。

社長! 今度はどんな帽子が出来上がる予定ですか?(≧▽≦)

お付き合いありがとうございました。