初沖カレイ釣り(岩崎師匠)

6/10(金)浜頓別 くもり寒 出航5時半

前日の夕方師匠が自宅まで迎えにきてくれた。
師匠の運転で17時旭川出発。

光進丸休憩所
無事到着。
釣り人用の寝床があった。
ストーブが点きふとんがあった。
「はじめまして迷惑かけないようにします。」
4人で酒盛り。
23時寝た。

翌朝頓別港から北へ1時間チョイ。
沖でホタテ船が作業していた。
エサはホタテのミミだけ。
水深20mくらい。
船の移動はあまりなくコンスタントに釣れた。
初めてのカレイ沖釣りなので40cm級20枚の目標を持って行ったが、9時前に達成。
そのまま11時竿上げ。
35Lのクーラー7分目くらいになった。
黒ガシラが多かった。

ほたてを頬張るねこ

60cmのイシモチを一匹もらった。
刺身用だって!

大カワガレイを4枚釣った。
どうやって食べるんだろう?
「どうやっても旨くないから刺身にしろ」
「一晩干して焼くとウマイ」
いろいろな意見があったが結局干した。

【釣果】
大カワガレイ4枚(干した)
真ガレイ30cm級10枚 小さいもの15枚くらい
黒ガシラ30cm以上22枚 小さいもの15枚くらい

カレイに占領されたシンク

16時過ぎ旭川到着。
台所のシンクを占領。
近所に配った。
結局格好つけて黒ガシラの大きいものを3枚セットで5軒にあげた。
小さいものは買い物袋で手伝ってくれた人にあげた。
カレイはなぜかみんな喜んでくれる。

今回は何から何まで師匠の世話になった。
沖の初カレイ釣り 大漁だった。
エイを釣った梅本さん、
50Lのクーラーが満杯になりバケツ(6分目)のまま車に。
帰りの車中は暖房禁止だった。

そして12日、
週末は網走へ…続く。