そして網走。(福原師匠)

6/12(日)網走沖 くもり霧 出航4時半 波高2m以上

日曜なのに釣り船はほか1一艘
ポツポツのたら・金魚(柳の舞)・そい。
ひとり石川さんがビックリサイズの大たらを上げ、
重さと長さを測るはずだったが船揺れがひどく後まわし。
(結局測るのを忘れた)

こちらは大ホッケ1匹と小タラ3本あと柳の舞10匹程度しか釣れなかった。
底潮が走っていたので12連のしかけに手こずり隣とのカラミも増えもう戦意喪失。

知床連山

12時ころ他の船が帰りかかったとき急に波がおだやかに-
晴れて知床連山まで見えてきた!

船頭はじめ仲間たちに言われもう一度6連の短いしかけで投入。
突然50cm級の青ぞいがきて入れ食い状態。
他の人も、大物の鯉のぼり状態。
一時間チョット続き、波がまた高くなりはじめ竿上げ。
あきらめずによかった!
皆さんに感謝。

【釣果】
最初の大ホッケ1枚
50cmくらいの小タラ9本
そい11匹(大ぞいが5)
柳の舞は数えてないが大小15~20くらいあったかな
(人にあげたのでわからない)
船着場で、福原師匠の満杯の70Lクーラーはやはり重かった。

帰りに前々日お世話になった岩崎さんに
中たら2本と刺身用の青ソイ置いてきた。

19時帰宅
翌日青ぞいの半身の刺身のこした。
大きかったもんなーと、ひとり満足。
かじかは1匹小さいのしかこなかった。
鳥にやった。

ご満悦