[北国の手づくり帽子]-いらっしゃいませ!北海道旭川市の帽子専門店です。

検索条件

カレンダー

2018年12月


1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

2019年1月


1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

※赤塗りは休業日です

どら猫モバイルサイト

ギフトラッピング

毛皮の帽子

毛皮の帽子
       

どら猫では、職人でもあるボス猫のもと
北国だからこそ発信できる帽子作りを続けてきました。

北国に似合う帽子を考えて・試行錯誤して生まれた毛皮の帽子は、
最初の水張りから工程のすべてを手作業で仕上げるミンクの帽子をはじめ、
豊富な木型とパターンの組み合わせなど様々なバリエーションがあります。

素材を生かすシルエットにかぶりやすさも兼ね備えた、
「帽子屋だからできる毛皮帽子」を製作・提案してまいります。

毛皮の水張りの様子とミシン
毛皮の帽子のお手入れ

日常のお手入れは意外と簡単
かぶったあとはホコリをはらうように軽くブラッシングしてください。
動物たちが水に潜ったり雨に濡れた際にブルッと身体を震わせて水気を飛ばすのと同様、濡れた場合は水滴を振り払い、乾いた布で毛流れに沿って軽くおさえ、日陰でそのまま自然に乾燥させます(ドライヤーやアイロンの熱は厳禁です)。
固くしぼった蒸しタオルで軽くたたくように拭くと、付着して間もない簡単な汚れは落とすことができます。


保管時の注意点は…
毛皮は極度の湿気と乾燥を嫌います。通気性が良く、直射日光の当らない場所で保管してください。
たとえば帽子の場合、型崩れの心配から収納は無意識のうちに天井に近い場所が多いようですが、室内でも乾燥が激しい場所ですのでファー製品の場合は不適切です。
また、カビの原因になりますので通気性のないビニール袋に入れたままにすることもお避けください。
防虫剤などは直接毛皮に触れないよう、薄紙にくるみ入れてください。
帽子の中には適度な量の薄紙を入れて型を整え保管してください。


※商品は搬送中万が一の水濡防止のためにビニール袋に入れて梱包しておりますが、保管の際にはご使用にならないようご注意ください。
薄紙はお届け時のものをそのままご利用ください。