Oさま親子のチューリップ&キャップ

本日の体験は親子でのご参加でした!

お母さまはご主人用のキャップを、お嬢さまのYさんはご自分のチューリップハットを作りました。
Yさんはご自分用なので型や生地もすんなり決まっていきましたが、ご主人からおまかせと言われてしまったお母さまは、いろいろと悩みながらYさんにも相談されていました。

仲良く裁断中^^ キャップ用にお母さまが選んだ生地はストライプ柄です。型紙は表側からあてて柄の出方を確認しながら描いていきます。

チューリップ型と相性の良いハリのある生地を選んだYさん。普段からミシンを使っているそうで職業用にもすぐに慣れていました。

キャップの縫製では2本針ミシンを使います。お母さまは初めての2本針ミシンも難なくこなされてました。

柄取りにこだわったキャップ!夏にぴったり。ご主人さまもきっと喜んでくれますよね…^^

笑顔最高、Yさん似合ってますね!

ところで。お母さまは実はですね、これまでに全国規模の大会でたくさんの受賞歴を持つ”発明家”なのです。
うちの猫(社長です;)も好きそうな機能的な帽子のアイデアもお持ちで、製品化できたら楽しいですね!と盛り上がりました。
生活の中で不便を感じると、何とかしたい思いが湧いてきてアイデアに繋がっていくそうです。お話しを伺って、やっぱりものづくりって楽しいなと、私自身あらためて思いました。
いただいた帽子のアイデアは宿題として考えてみます、ありがとうございました!