時の旅猫。

今月のJR北海道の車内誌『The JR Hokkaido』のコラム「時の旅人」に猫が載っています。
(先日のブログ「とある取材2」です)

先代が手掛けたどら猫型の学生帽について話しを聞きたいとお声を掛けてくださったのがきっかけでした。
取材当日はライターのすぎむらさんと約2時間の帽子談義のあと、カメラマンみくにやさんの写真撮影がありました。

たしか取材日は3日間の東京ギフトショーから戻って町内会の集まりにも顔を出した翌日で、当初猫の表情には少々疲れが見えましたが、すぎむらさんとは生まれ年が同じということもあり、ずいぶんと盛り上がっていました。

ただ、きっかけが学生帽であるにも関わらず、現物は猫の頭の中にしかなく説明に四苦八苦。
そのほかにも現在の取り組みから過去に遡る色々な質問に、思い出せないんだよね…と言いながら記憶を辿り答えていたあの時間、猫は時の旅人でした。

懐かしいと地方からお電話をくださった方、所用で札幌から旭川に向かうJR車内でご覧になりご来店された方、「昔はね、ここで学生帽を買うのがステイタスでね、」と話すお客様には車内誌をお渡しして喜んでいただいたり、「しばらく会わないうちに大きくなりましたね(身体が)」と言われたり、素敵な記事にしていただいて本当にありがとうございました。

掲載誌の4月号は函館五稜郭公園の桜の絵が表紙です。
今年の開花が待ち遠しいです。

JR北海道車内誌